発毛剤には塗るタイプと飲むタイプがあります

薄毛や抜け毛が気になると市販の育毛剤を頭皮に塗布して発毛しようと試みることがあります。市販されている薄毛対策のものには、発毛剤の他に育毛剤もあります。どちらも髪の毛を生やすことができるイメージがありますが、役割が異なるため自分の頭髪の薄毛の状態によって使いわける必要があります。
発毛剤は髪の毛がないところから新しい毛を生やすことが期待できる商品で、成分が毛母細胞という髪の毛を作り出す細胞に働きかけ、何もないところから発毛させる効果が期待できるため、強い成分が配合されているため医薬品に分類されることがあります。育毛剤は、発毛させるというよりも髪の毛を育てることが期待できるものです。すでに生えている髪の毛に栄養を与えることで頭皮の血行が良くなり、髪の毛を抜けにくくし毛を成長させることが期待できます。

髪の毛を生やす方法には種類があります

髪の毛を発毛させる方法にはいくつかあります。そのひとつは外用薬を頭皮に塗布することで発毛を促進する方法です。市販でも発売されているものもあるため、薄毛が気になると使うことが多い方法でもあります。
発毛させるために頭皮に外用薬を塗布する場合に注意することは、発毛効果が期待できるものを使うことです。育毛剤は髪の毛への栄養や頭皮の血行促進を促す成分が配合されていることが多く、頭皮に毛を生やすことは難しいです。発毛させるための外用薬のmには、血行促進効果が期待できる成分のミノキシジルが配合されています。発毛させるための有効成分が多いため副作用を感じる場合もあるため、医薬品の場合が殆どです。より発毛効果を期待する場合には、医師の診断が必要なので発毛を専門に扱っているクリニックを受診することで外用薬を処方してもらうことができます。また、即効性はないため最低でも3ヶ月から6ヶ月は続ける必要があります。

服用するタイプもあります

発毛させるためには外用薬以外に服用する薬もあります。服用タイプは頭皮に塗布するタイプとは異なり、体の中から作用させるものです。服用タイプは発毛する効果は高いものですが、副作用がある可能性もあります。服用タイプは成分が胃に入り、小腸で成分が吸収されて血液に成分がのって全身に行き渡ります。体の内部から成分が毛根に行き渡ることで直接作用するものです。
飲むことで発毛が期待できる薬剤は、プロペシアとミノキシジルタブレットがあります。プロペシアは発毛効果が期待できる内服薬ですが肝機能障害や発疹などの副作用が考えられます。またミノキシジルタブレットは多毛症や動悸などの副作用がある可能性があります。個人輸入などでも購入することはできますが、薄毛専用のクリニックでも処方してもらえるため、医師の治療を受けて処方してもらうことが良い選択と言えます。