発毛剤を使って薄毛を改善することができる場合について

薄毛で悩みがある場合、発毛を促す薬を頭皮に塗布して髪の毛が生えるように努めることがあります。発毛を促す方法は発毛剤を使う方法があり、頭皮に塗布するタイプと薬として服用するタイプがあります。どちらも薄毛専用のクリニックで処方してもらうことができます。薄毛や抜け毛になる原因にはストレス、食生活や生活習慣の乱れなどによってなることがあり、生活習慣や食生活を整えることで薄毛や抜け毛が改善することもありますが、男性ホルモンが原因の場合もあります。男性ホルモンが原因の場合はAGAといって、市販の育毛剤では改善しない場合もあり、市販の育毛剤を使っているとこで改善しないだけではなく、悪化して薄毛が進行する場合もあります。薄毛が気になる場合は自己判断で市販の薬で改善しようと試みるだけではなく、薄毛専門のクリニックを受診してどのような原因で薄毛になっているかを判断してもらうことも薄毛解消には大切なことです。

薄毛によって効果が異なる場合があります

市販されている育毛剤はドラッグストアなどで手軽に購入することができます。薄毛や抜け毛が気になっても病院を受診するのは躊躇してしまうことも少なくありません。ドラッグストアなどで手軽に購入できる育毛剤は、生えている毛をさらに育てる時に使うと効果的で、何も頭皮に毛がないところに育毛剤を使っても効果は期待できません。頭皮に毛がない状態の場合は育毛剤ではなく、発毛を促進する成分が配合されている外用薬の発毛剤を使う必要があります。発毛を促す外用薬は市販されてはいますが、成分が育毛剤よりも発毛を促す成分が配合されているため医薬品となり、薬剤師が在中しているドラッグストアなどで購入することはできますが、殆どは病院での処方になります。発毛を促す外用薬は、ストレスや生活習慣で薄毛になっている場合には効果は期待できなく、男性ホルモンが原因となるAGAの場合に効果を発揮します。

外用薬以外の方法で発毛する場合

発毛を促す発毛剤は外用薬の他に内服薬があります。内服薬は体の中から発毛する成分を体中を巡らせることで頭皮に成分を届けることができるため、頭皮に塗布するだけの外用薬よりも発毛効果は期待できます。効果的に発毛が期待できる成分が配合されているため副作用があらわれる可能性もあるため、薄毛専用のクリニックで処方してもらうことが良い方法です。
男性ホルモンが原因となるAGAは、進行するものなので自己判断で育毛剤などを頭皮に塗布しても薄毛や抜け毛の進行は進んでしまいます。育毛剤などを使ってセルフケアすることで改善することもありますが、進行が止まらない場合は専門のクリニックを早めに受診することが薄毛や抜け毛を改善する方法です。進行が進んでしまって毛根がなくなってしまうと、側頭部などに移植できる元気な髪の毛がある場合は自毛植毛ができ薄毛を改善することは期待できますが、費用が高額になることが殆どです。薄毛が気になる場合は早めに薄毛専門のクリニックを受診することが薄毛を解消する方法です。